結婚前のブライダルチェックとマーベロン

結婚が決まったら、またはそろそろ結婚を考えているなら、ブライダルチェックをしておきましょう。ブライダルチェックは婦人科系疾患の検査で、子宮頸がんや乳がん、性感染症、子宮や卵巣の状態検査、血液検査などを行います。内容は、各医療機関によって異なりますが、ブライダルチェックを受けて赤ちゃんを授かりにくいとわかれば、結婚後にすぐ不妊治療を開始することができます。パートナーや将来の赤ちゃんのために、健康な身体を維持するためにも、ぜひ受けたい検査です。
ブライダルチェックで問題がなく、しばらくは二人の生活を楽しみたいというカップルには、トリキュラーやマーベロンなどの低用量ピルを使った避妊がおすすめです。
低用量ピルは、女性ホルモンが配合されており、排卵が抑えられるなどの作用で、正しく服用すれば、ほぼ確実な避妊効果が期待できます。
マーベロンは、含まれている女性ホルモンの量が一定ですが、トリキュラーは3段階に変化しています。マーベロンはニキビや吹き出物に効果があると言われていますので、結婚式の3~4ヶ月前から服用すると、きれいな肌で結婚式を迎えられます。低用量ピルは、生理開始日から飲み始め、1日1錠なるべく同じ時間帯に服用します。飲み始めには、人によっては吐き気などが現れることがありますが、飲み続けるうちになくなります。症状が気になる場合には、他の種類のピルに変えると改善されることが多く、不正出血がある場合にはトリキュラーにすると改善されます。
ピルを服用すると、生理の量も減って生理痛が改善されます。また、結婚式が生理日に当たる場合には、移動もできます。ピルを処方してもらうときに、相談するとよいでしょう。