飲んだ日から避妊が可能なトリキュラー

 トリキュラーとは低用量ピルの一つで、身体の負担が少なく高い避妊効果を発揮することで知られています。トリキュラーの効果としては薬の中に含まれている黄体ホルモンと卵胞ホルモンが排卵を抑え、精子が子宮内に入りにくくし、また入ってしまった場合でも着床を阻止することで妊娠を防ぎます。避妊効果以外にも生理不順を改善したり、生理痛が軽くなったり、骨粗鬆症を予防したりといった働きもある優れものです。
 トリキュラーがこれまでの低用量ピルと比べて優れている点は、含まれているホルモン量の少ないところです。そのため副作用は従来のものよりも軽減されているのですが、避妊効果には優れているのです。生理の1日目から飲み始めた場合、飲んだ日から避妊が可能です。生理がすでに始まってしまった場合は飲んだ日からというわけにはいかず、飲み始めてから2週間たたないと避妊効果はあらわれませんが、それでも飲んでいる間は100%の避妊効果が期待できるのです。
 でも、ピルって飲むと太らないの、という声をよく聞きます。これは誰しも気になるところでしょう。確かにホルモン剤を体内に投与するわけで、全く何の症状も起きない、ということは中々難しいかもしれません。しかし、トリキュラーを飲んだことで一時的に体重が増える場合はありますが、その後はむしろ食欲などが正常化し、適正体重に落ち着くことがほとんどなのです。また、女性ホルモンを投与するため胸が大きくなったりして、太らないのに太っているように見えてしまうこともあるようです。いずれにしろ、絶対に太らないとは言えませんが、一過性のもので、心配するような体重増加はないと言えるでしょう。
 飲んだ日から避妊ができて、しかも太らない低用量ピル・トリキュラー、女性が自分の人生を自分で開いていく強い味方となってくれるのではないでしょうか。