月経前症候群の防止とトリキュラーの構造

生理の前になると決まって腹痛や頭痛、吐き気などの症状がある、何かしらの体調不良が起こる、こんな経験があるという人は意外に多いのではないでしょうか。この症状、実は月経前症候群といって生理前後の女性ホルモンのバランスが乱れることによって引き起こされているものかもしれません。ひどいケースだと仕事や日常生活にも支障をきたしてしまうこともあるので、できるだけ早期の対処が必要になってきます。
この月経前症候群、解消していくにはピルが有効です。ピルといえば避妊薬として活用している人が多いのですが、中にはこうした生理前の月経前症候群の予防のために使用しているというケースもあるのです。トリキュラーの構造は至ってシンプルなものです。生理開始と共に飲み始めて、生理前の諸症状の原因となる女性ホルモンの分泌を抑えたり、調節することでその排卵機能等々を止めていくのです。期間ごとに色分けされたピルを決められた日に、決められた量だけ服用していきます。そうすることで、排卵や子宮内の機能を制御している脳下垂体に刺激を与え、結果的に月経前症候群の症状を和らげていくのです。
このトリキュラー、その構造の問題で飲み忘れがあると十分にその異能を果たせないケースもあるので注意が必要です。一日でも飲み忘れてしまうと、避妊効果が得られないこともあるのため、避妊目的でトリキュラーを使用しているという人はこの構造をしっかり押さえておきましょう。
ただ、生理不順や月経前症候群の改善を目的としている場合には1日飲み忘れたからといってもさほど問題はありません。もちろん、その詳細については各担当医に相談しておく必要がありますが、多くのケースでは1日の飲み忘れ程度であれば、気づいたその時に服用をすれば何ら問題はないのです。